Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大森の二郎インスパイア系「らーめん大 大森店」のつけ麺を喰らい尽くす!!!

シェアする

「らーめん大 大森店」の内観と外観


大森駅から離れ、むしろ平和島駅の近くにある二郎系インスパイアの「らーめん大 大森店」。

横断歩道の関係で平和島駅からも、心理的には少し遠く感じます。

地元の人以外は、自転車で行く人が多いのではないかと思います。

店に入って左側に食券販売機があるので、食券を購入します。


この日はお腹が空いていたので「つけ麺」(780円)を「中」(100円)で購入。

二郎に限らず、二郎系インスパイアではつけ麺は邪道と感じる人が多いと思います。

けど、個人的には「らーめん大 大森店」では、「つけ麺」がオススメです。

食券を購入したら好きな席に着席し、カウンターに食券を置きます。


内観は黒を基調にしたシックな感じでまとめられています。

卓上調味料には、タレ、白コショウ、黒コショウが置いてあります。


給水機は店の奥にありますが、店舗が比較的広くスペースに余裕があるので、いつとりにいっても大丈夫です。


店員から聞かれたらトッピングのオーダーをします。

上にのせる野菜(モヤシ)の量、にんにく(通常は入ってません)、脂多め、味濃いめ(モヤシの上からタレをかける)のオーダーを無料でできます。

脂少な目、だけは食券をカウンターに置く時にいいましょう。

この日は「にんにくあり」のみをオーダー。

野菜のトッピングについては、どれくらい盛られるか写真で書いてあります。

気軽に「野菜マシで」と注文すると、すごい量がくる事になります。

私は、「野菜多め」までかなと思っています。

着丼!!!

トッピングをオーダーしてから数分後に着丼!!!

チャーシューはそこそこの大きさ。

パサパサなのでつけ汁につけるのもアリです。

チャーシューの厚さは数ミリ程度です。

中盛りの場合、かなりボリュームがアップします。

「らーめん大 大森店」では、つけ麺がオススメなのは麺の量が多すぎて通常のラーメンだと天地返しをしても麺がスープを吸い過ぎてしまうからです。

スープは醤油味が強めで乳化はほとんどしていません。

そして脂がかなり多いです。

スープの中にも肉の塊が入っています。

スープに麺をつけて食べます。

かなりのボリュームでした。

感想

「らーめん大 大森店」は常に一定のクオリティを保っている二郎系インスパイアです。

めちゃくちゃ美味しいと思う事はないのですが、変な味がする事もありません。

また11:30~深夜1:00まで営業しているので、お腹が空いたときにいつでも入れるのはうれしいです。

ちかくに大森エリアで屈指の二郎系インスパイア「ラーメン髭」があるのですが「ラーメン髭」は平日は、11:30~14:30と17:00~21:00で行っても空いていない場合があります。

「ラーメン髭」が空いてない時、この「ラーメン大 大森店」に行くと良いかなと思います。

店舗情報

店名

らーめん大 大森店

住所

東京都大田区大森東1-3-12

営業時間

11:30~翌1:00

定休日

なし

「らーめん大 大森店」の近くのオススメB級グルメ店

「羊と狼」

「らーめん大 大森店」とは少しはなれた場所にあるラーメン店。

おいしい醤油ラーメンが食べられる店です。

大森の隠れた美味しいラーメン屋「羊と狼」の醤油ラーメンを喰らい尽くす!!!
大森の隠れた美味しいラーメン屋「羊と狼」の醤油ラーメンを喰らい尽くす!!!
大森駅、というよりは平和島駅近くにある環七沿いにあるラーメン屋の「羊と狼」。美味しい醤油ラーメンが食べられる店です。今回は「醤油ラーメン」を食べてきたので、どのような美味しさか、詳しくお伝えしたいと思います。

「ラーメン髭」

大森エリアの二郎系インスパイアで個人的にはもっとも美味しいと思う店です。

「らーめん大 大森店」から歩いて5分~10分ほどの場所にあります。

大森を代表する二郎系インスパイア「ラーメン髭」のラーメンを喰らい尽くす!!!
大森を代表する二郎系インスパイア「ラーメン髭」のラーメンを喰らい尽くす!!!
「ラーメン髭」は大森エリアを代表する二郎系インスパイアです。今回の記事では安定して常にハイクオリティな味を出す「ラーメン髭」で食べてきたラーメン(750円)について詳しくお伝えしたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。これからも記事を書き続けるのでよろしくお願い致します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする