Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

環八沿いにある蒲田エリアの隠れた二郎系インスパイア「らーめん まるはち」でガツ旨らーめんを喰らい尽くす!!!

シェアする

「らーめん まるはち」の外観と内観

環八沿いの蒲田と矢口渡と蓮沼の中間、というよりは矢口渡寄りに「らーめん まるはち」はあります。

駅の近くではなく、環八沿いとは言え住宅地にあるので見逃しやすい店舗ではないかと思います。

しかし、どこから話をききつけたのかはわかりませんが、ランチタイムなどは人で一杯になっている人気店でもあります。

店内に入ると、入口すぐ左に食券販売機があります。

この日はオーソドックスに「ガチ旨ラーメン」(750円)を購入。

食券を購入したら、空いている席に着席します。

カウンターの後ろに広いスペースがある上、カウンターの背面は大きなガラス窓となっていて環八の景色をながめられます。

卓上には数多くの調味料が置いてあります。

魔法使いジャン、ラー油、酢、タレ、コショウ、ソース、ドレッシングなどが置いてありました。

カウンターの上にコップが置いてあるので、お水はセルフサービスで入れます。

「らーめん まるはち」の「ガチ旨らーめん」を喰らい尽くす!!!

5分~10分ほどして着丼!!!

見た目は、「オーソドックスな二郎」です。

チャーシューは、かなりの大きさ。

少しスープにつけてから食べるといいかなと思います。

チャーシューの厚みは数mmといったところ。

なかなかボリュームのあるチャーシューとなっています。

カウンターの上にレンゲが置いてあったので、レンゲでスープをひょいとすくってみました。

スープは、いわゆる「非乳化」ですが、なかなか醤油のパンチがきいていておいしいスープとなっていました。

麺はなかなか歯ごたえのある中太の麺でした。

コシがあり、良い意味で「俺は食っているぞ!!」という食感で良かったです。

スープとからんで美味しかったです。

野菜をスープに漬け、麺がスープを吸い込みすぎないように上にすくいあげる「天地返し」。

「らーめん まるはち」では麺がコシがあるので、そこまで「天地返し」をする必要はないかもしれません。

「天地返し」は神田神保町店のように大ボリュームであったり、麺が茹ですぎな事がある店でしかやる意味がないかもしれませんが、やはり二郎系にきたら「天地返し」はしてしまいます。

私にとって二郎・二郎系インスパイアに行った時に「天地返し」をするのは儀式みたいなものかもしれませんね。

「らーめん まるはち」の感想

蒲田と矢口渡の中間地点にあり、ちょっと隠れた二郎系インスパイアだと思います。

住宅街の端に店舗はあるのですが、店内は地元や地元で働いていると思われる方が多く、どこか牧歌的な雰囲気もありました。

量は二郎系インスパイアとしては並程度でした(通常の大盛よりずっと多いです。)

そして味も美味しかったです。

立地的にあまり良いとは思えない場所にありながら、ランチタイムなどは混みあっているのも納得でした。

環八で矢口渡周辺に住んでいる方や、用事がある方は一度寄ってみると良いかもしれません。

「らーめん まるはち」の店舗情報

店名

らーめん まるはち

住所

東京都大田区新蒲田2-8-1

営業時間

11:00~26:00

定休日

無し

スポンサーリンク

シェアする

フォローする