【閉店】「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」の小ラーメンを喰らい尽くす!!!

シェアする

「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」の内観と外観

蒲田駅の西口から大森駅側の方へ歩いていくとあるのが「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」。

ビルの少し奥まった場所にあるので少しみつけにくいです。


また、営業時間が変更され、平日はランチ営業をしていないようなので注意してください。

店内に入って右側に食券販売機があるので食券を購入します。

この日はそれほどお腹が減っていなかったので「小ラーメン」(730円)を購入。

入って左側に給水機があります。

「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」はスペースに余裕があるので、焦ってとりにいかなくても大丈夫です。

席は二郎らしからぬ落ち着いたシックな色合いです。

卓上調味料は、ありません。

無料のトッピングに関しては、この日は人と会う予定があったので「にんにくなし」だけで頼みました。

トッピングは「奥の席から」聞かれていきます

臨機応変に、店主に聞かれたら答えれば良いと思います。

もう待ちきれねえ!!!

着丼!!!

トッピングをオーダーしてから、すぐに着丼!!!

「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」はトッピングを工夫して頼む人が多い中「にんにくなし」という「小ラーメン」の素のままの姿は珍しいかもしれません。

量は、二郎の中では少な目かもしれません。

普通のラーメンの大盛りくらいの量でしょうか。


チャーシューはドン!とは乗っておらず、モヤシの下に入っています。

少しサバサバした感じなので、モヤシの下につけておくのが良いと思います。

太さは数ミリといったところでしょうか。

「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」の最大の特徴はスープだと思います。

スープの上にうっすらと浮いている脂が美味しいです。

上にうっすらと脂が浮いていて乳化は適度、スープはしっかりした醤油味がきいています。

「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」のスープのうまさの秘密はこの脂かなと思います。

不健康なのはわかってるけど、美味いものは美味い!!!

二郎ではお馴染みの、天地返し。

ラーメンがスープを吸いすぎないように、麺の下に箸を入れてひっくり返し、麺を上に出します。

麺は中太のストレート。

スープの味と絡み合い、そして脂を吸い込み、美味しいです。

感想

「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」は美味しいです。

「健康に悪いものほど美味しい」という格言を食べた後に思い出しました。

二郎はただでさえ健康に悪いのに、「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」はスープの上にたっぷりと脂がのっていて通常の二郎の5割増しで健康に悪いと思います。

実は以前に一度食べたことがあるのですが、その時は美味しくなかったです。


なぜ今回に限っておいしかったかは自分でもよくわかりません。

すごい当たりでした。

「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」の近くにあるオススメB級グルメ店

「煮干しつけ麺 宮元」

蒲田を代表するつけ麺ともいわれるのが「煮干しつけ麺 宮本」です。

どのようなつけ麺が出てくるのかを詳しくお伝えします。

蒲田の人気店「煮干しつけ麺 宮元」のつけ麺を喰らい尽くす!!!
蒲田の人気店「煮干しつけ麺 宮元」のつけ麺を喰らい尽くす!!!
蒲田駅西口からしばらく歩いた場所にある、蒲田でも屈指の人気店「煮干しつけ麺 宮元」。行列が絶えない蒲田の有名店で「極上濃厚 煮干しそば」を食べてきたので、詳しくお伝えしたいと思います。

「とん清」

とんかつ激戦区の蒲田の中でも独特の存在感を誇るのが「とん清」です。

さくさくで香ばしい衣がとにかく美味しいとんかつ屋さんです。

蒲田の「とん清」でロースかつ定食を喰らい尽くす!!!
蒲田の「とん清」でロースかつ定食を喰らい尽くす!!!
サクサクで香ばしい衣が美味しい、蒲田のとんかつの有名店が「とん清」です。とんかつ激戦区の蒲田でも有名な店となっています。今回は「とん清」で「ロースかつ定食」(1000円)を食べてきたので、詳しくお伝えしたいと思います。

店舗情報

店舗名

ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店

住所

東京都大田区西蒲田7-6-9 1F

営業時間

月~金
18:00~22:30頃

土・日・祝
11:00~14:30
18:00~22:30頃

日曜営業

定休日

水曜日

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。これからも記事を書き続けるのでよろしくお願い致します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする