Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

蒲田駅ナカの人気店「つけ麺屋銀四郎」のつけ麺を喰らい尽くす!!!

シェアする

「つけ麺屋銀四郎」の外観と内観

蒲田駅の改札口を左側に出た先にある駅ビルの6階レストランフロアにあるのが「つけ麺屋銀四郎」。

駅ビルの中にあるので、急いでいる時にもすぐ入って食べられる、とても便利なお店です。

中に入ると、奥に細長くなっている店で、店員さんが空いている席に案内してくれます。

比較的落ち着いていて雰囲気も良く、女性の方でも入りやすいかと思います。

店の奥の方には、少しだけですがテーブルもあり、落ち着いて食べる事も出来ます。

卓上調味料は、一味とうがらし、こしょう、柚子酢になっています。

お好みでどうぞ。

給水はセルフサービスで、卓上にピッチャーが置いてあります。

同じく卓上にメニューが置いてあり、メニューの中から食べたいものを選んで店員さんに注文します。

「つけ麺屋銀四郎」という店名からは、つけ麺が一番のオススメのメニューと思われる方も多いかもしれません。

しかし、私はこの店では「中華そば」(780円)が一番のオススメメニューです。

大盛と並盛が780円で値段が同じなのもありますが、サッパリした味でまとまった完成度の高いラーメンが出てきます。

ただ、この日は「久しぶりにつけ麺が食べたいな」と思ったので「つけ麺 並盛」(800円)を注文。

あつ盛り、スープ割、紙エプロンが欲しい場合は、店員さんに言えばもらえるようです。

スーツで来る方などは紙エプロンつけた方が良いですよね。

着丼!!!

店員さんに注文して10分弱ほどして着丼。


なかなか迫力のあるボリュームのつけ麺です。

チャーシューは小さめですが、炙ってあるので風味があって、香りのアクセントになります。

チャーシューはだいたい3ミリ程度の薄さ。

それほど存在感があるわけではありません。

スープは、いかにもといったつけ麺のスープとなっています。

スープの味は、つけ麺の王道の魚介豚骨味となっています。

ノリの上に魚粉が載っていますが、これを混ぜると魚介の味が濃くなります。

少し食べて味を変えたい時であったり、濃いめの味が好きな方は混ぜて食べるのがオススメです。

スープは、数多くあるつけ麺の中でも屈指のドロリとした食感になってます。


麺は中太で少し風味のあります。

こんなツルっとしててスープと絡むの?と思う方がいるかもしれませんが、心配ご無用。

 

スープがドロリとしているので、絡みすぎるほど麺にスープが絡みます。

スープは、かなり味が濃いめなので、麺をどれだけつけるかで味を調整するのがオススメです。

感想

「つけ麺屋銀四郎」は蒲田の駅ビルの中に入っているので、非常にアクセスがよく重宝するお店です。


「中華そば」がオススメと言いましたが、「つけ麺 並盛」も十分おいしい店です。

かなり味が濃いめでガツンと来る味なので、好みは別れると思いますが、私は美味しい店だと思います。

蒲田に用事があるけど、蒲田駅についた時点で時間がおしていて食べる時間があまりない!という場合などは、「つけ麺屋銀四郎」はオススメの店です。

店舗情報


店舗名

つけ麺屋銀四郎

住所

東京都大田区西蒲田7-68-1 グランデュオ蒲田 東館 6F

営業時間

11:00~22:00(L.O.21:30)

定休日

なし

スポンサーリンク

シェアする

フォローする