蒲田の「とん清」でロースかつ定食を喰らい尽くす!!!

シェアする

「とん清」の外観と内観

蒲田駅の西口を出て、蓮沼駅の方へ5分ほど歩いた場所に「とん清」はあります。

とんかつ激戦区の蒲田の中でも人気のある店として有名です。

この日はとても熱い日だったのですが、室内に入った瞬間にひんやりとした空気が気持ちよかったです。

とんかつ屋さんというと、機能性を重視したどこか殺風景な場所が多いと思うのですが、「とん清」は机や椅子も高級感がある内観となっています。

店内に入ると店員さんが空いている席に案内してくれるので、案内された席に座ります。

この日は、少し遅めの時間に入店したので、席はかなり空いていました。

卓上にメニューが置いてあります。

ご飯・味噌汁・キャベツのお替りは一回までと書かれていますね。

今回は迷ったのですが、「ロースかつ定食」(1000円)を注文。

卓上調味料は、ソース、醤油、からし、ピンクソルトなどだったと記憶しています。

お好みに合わせてどうぞ。

「とん清」のロースかつ定食を喰らい尽くす!!!

注文してから5~10分ほどして到着。

見た目のインパクトは控えめですが、ロースかつ定食の王道をいくような見た目だと思いました。

メニューには味噌汁と書いてありますが、これは豚汁ではないのかなと思います。

とても美味しかったです。

そして漬物。

塩っぽさが、ちょっと味のアクセントをつけたい時にちょうどよいのではないかと思います。

そしてご飯。

このご飯がなかなかの美味しさでした。

とんかつはとんかつ自体ももちろん重要ですが、ご飯が美味しいととんかつの美味しさを一段階アップさせるのではないかと思っています。

そしてメインのトンカツ!

100gなので見た目にインパクトはそれほどありません。

厚さは1cmほどでしょうか。

ソースをつけてパクリ。

口に入れた瞬間に、とんかつの衣がサクサクと気持ちよく香ばしい事に気が付きます。

この、とんかつの衣が「とん清」のとんかつの美味しさの核心だと思いました。

「とん清」のとんかつの衣は、他のどの店でも食べたことがない美味しさでした。

ピンクソルトをつけてパクリ。

衣の美味しさと共に、ピンクソルトがとんかつの味を引き立ててくれます。

個人的な意見ですが、とんかつはピンクソルトで食べるのが好きです。

といってもピンクソルトだけでは飽きてしまうので、ソースをかけたりレモンをかけたりさまざまな味を楽しむようにしています。

「とん清」の感想

美味しかったです。

一番安いメニューを頼んだので豚自体は驚くような美味しさではなかったのですが、サクサクで香ばしい衣が絶品で、全体の味を引き上げていました。

とんかつ激戦区の蒲田の中でも「とん清」が大きな存在感を保つ理由がわかった気がします。

しかも「ロースかつ定食」はランチのためのメニューではなく終日頼めるメニューとなっています。

「とん清」のとんかつは一度食べる価値があると私は思います。

「とん清」の店舗情報

店名

とん清 蒲田西口本店

営業時間

11:00~15:00(L.O.14:30)
17:30~21:30(L.O.20:50)

定休日

水曜日(祝日は営業)

住所

東京都大田区西蒲田7-45-4-1

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。これからも記事を書き続けるのでよろしくお願い致します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. […]  「とん清」の外観と内観 蒲田駅の西口を出て、蓮沼駅の方へ5分ほど歩いた場所に「とん清」はあります。 とんかつ激戦区の蒲田の中でも人気のある店として有名です。  この日はとても熱い日だったのですが、室内に入った瞬間にひんやりとした空気が気持ちよかったです。 とんかつ屋さんというと、機能性を重視したどこか殺風景な場所が多いと思うのですが、「…このサイトの記事を見る […]