Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

蒲田の二郎インスパイア系「ラーメン宮郎」のラーメン並盛を喰らい尽くす!!!

シェアする

「ラーメン 宮郎」の内観と外観

蒲田駅の西側を線路沿いに進んでいくとあるのが二郎インスパイア系の「ラーメン 宮郎」です。

つけ麺の蒲田の人気店「煮干しつけ麺 宮元」のセカンドブランドの店と言われています。

外から見ると、いかにも二郎となっているので、二郎に一度でも行ったことがある方は「これ二郎インスパイア系だな」とピンとくると思います。

人気店らしく、店の外には行列の並び方が指定されていました。

ただ、この日は時間が少しずれていたためか、並ばずに入る事が出来ました。

店に入るとすぐ右側に食券販売機があります。

この日は「ラーメン並盛」(800円)をチョイスしました。

店内に入ると、店員さんが空いている席に案内してくれます。

店内は白を基調とした明るい雰囲気で、女性でも気軽に入れる雰囲気です。

水はセルフサービスなので、着席後に取りに行きました。

食券販売機のすぐ隣にあり、店内入ってすぐ右側にあります。

卓上調味料は、唐辛子・タレ・酢・コショウとなります。

お好みにあわせてどうぞ。

「ラーメン宮郎」の並盛を喰らい尽くす!!!

注文してから5分ほどして着丼!!

店内の雰囲気と同様にこざっぱりとした雰囲気で、少しオシャレですらあります。

着丼して最初に目につくのは、このどでかいチャーシューだと思います。

かなりボリュームがあり、おいしいチャーシューです。

面積だけではなく、厚みもあり「チャーシューの塊」感があります。

目測ですが厚さは2cm前後といったところでしょうか。

これだけの厚さのチャーシューを出してくる店は少ないと思います。

スープは非乳化系のスープで、醤油の塩っ辛さが強いタイプとなっています。

白のレンゲですくうとスープの様子がわかりやすいかもしれません。

かなり濃いめのスープで、(良い意味で)いかにも二郎インスパイア系というスープです。

麺も中太麺で、歯ごたえのある麺となっています。

かなり好みの麺でした。

スープとうまく絡みあい美味しかったです。

大量の麺がスープを吸って伸ばすのを防ぐため、麺をすくいあげ野菜をスープにひたす「天地返し」を今回もしました。

「天地返し」を思いついた人はすごい発想力だといつも思います。

二郎も二郎インスパイア系も「天地返し」を知るまでは食べきれない店舗があったのですが、「天地返し」を知ってから食べきれるようになりました。

「ラーメン宮郎」の感想

美味しかったです。

二郎の美味しいところをきっちり再現して、きれいにまとめた二郎インスパイア系の店舗だと思います。

何も文句をつけるところはほとんどありませんでした。

ただ、いちゃもんに近い贅沢な文句のつけ方なのですが、あまりにまとまり過ぎていて「二郎」の枠内にすべてが収まりきっていると感じました。

そもそも二郎は、何かが突き抜けているのが心に刺さるポイントだとも思うので、まとまりが良すぎて食べ終わった後に「ん~・・・美味しいんだけど・・・」と思いました。

「ラーメン宮郎」は、二郎をまだ食べたことないけど興味があるので食べたいという人にオススメな二郎インスパイア系だと思います。

店舗情報

店名

ラーメン宮郎

住所

東京都大田区西蒲田7-63-9

営業時間

11:00~21:00

定休日

なし

スポンサーリンク

シェアする

フォローする