蒲田の「上海わんたん・食彩厨房」で海老わんたんを喰らい尽くす!!!

シェアする

「上海わんたん・食彩厨房」の外観と内観

蒲田駅の改札口を左に曲がり、東側を川を渡り大森側へ10分ほど歩くと「上海わんたん食彩厨房」があります。

少しわかりにくい位置にあるので、あらかじめ地図で場所を確認してから行くと良いかもしれません。

蒲田を代表する有名店ですが、住宅地の中にひっそりとあります。

中に入ると、席は4席のみとなっています。

有名店なのに意外な席の狭さに驚きましたが、これには理由があると行ってみて思いました。

「上海わんたん食彩厨房」に行ってわかったのですが、持ち帰りで購入して家で食べる方が多いようです。

持ち帰りの方は、店内に入らず、外に空いている窓から注文していました。

店内での食事は11:00~14:00、17:00~19:30なのですが、お持ち帰りは11:00~19:30までで、私が席で待っている間も、持ち帰りで購入していく方が続々と訪れていました。

お持ち帰りで購入される人の多さに、さすが人気店だと感じました。

店内に入って席に着くと、メニューが置いてあるので、そこから選んで注文します。

この日は最もオーソドックスと思われる「海老わんたん」(780円)を注文しました。

席に座ると、まずお茶が出されます。

これはうれしいです。

卓上調味料は、黒酢と胡椒です。

お好みに合わせてどうぞ。

もう待ちきれねえ!!!

「上海わんたん・食彩厨房」の海老わんたんを喰らい尽くす!!!

注文してから5分ほどして「海老わんたん」が着丼!

写真で見ると「え?これだけ?」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、かなり大きいです。

先に言ってしまいますが、これを食べ終わると男の方でも満腹感があります。

わんたんが入っているスープですが、少し胡椒が効いた味ですが、旨味がかなり凝縮されたスープで、このスープも単独でも美味しいです。

わざとらしい味がしない優しい味で、私はとても好きな味でした。

そしてこれが海老わんたん!

大きさは、男の人が大きく口を開いて入るかどうかで、1つがかなりビッグな大きさになっています。

この海老わんたんが8つ入っているのでボリュームはかなりのもの。

出された直後は特に中の汁で口の中を火傷するので、一口でパクリと食べるのはオススメしません。

食べると、海老のおいしさが肉の旨味に包み込まれ、いくら食べても飽きない味でした。

「上海わんたん・食彩厨房」の感想

とても美味しかったです。

またボリュームもあり、男の人でも「海老わんたん」だけでも満腹感があると思います。

海老わんたんもスープもわざとらしい味がせず、美味しさを直球で表現してくるので、その美味しさに食べ終わった後に幸福感がありました。

最初は「わんたん食べるのにご飯とかないの?」と思いましたが、食べ終わった後の感想としては「わんたんとスープだけで十分。ご飯はいらない。」という結論に至りました。

地元の方に愛されている、蒲田の有名店の味はさすがでした。

「上海わんたん・食彩厨房」の店舗情報

店名

上海わんたん・食彩厨房

営業時間

店内でのお食事

11:00~14:00
17:00~19:30

お持ち帰り
11:00~19:30

定休日

日曜日、月曜日

住所

東京都大田区蒲田1-13-7

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。これからも記事を書き続けるのでよろしくお願い致します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする