Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

蒲田の「らーめん飛粋」でらーめん(もも肉)を喰らい尽くす!!!

シェアする

「らーめん飛粋」の内観と外観

蒲田駅の東口を出て、路線沿いを大森側に5分ほどあるいていくとあるのが「らーめん飛粋」です。

「飛粋」と書いて「ひいき」と読むようです。

見た目は、日本料理の料亭のような趣ですが、ラーメン店です。

少し猥雑な道を歩くので、女性の方はいきにくいかもしれません。

道を一本ずれると「ラーメン 大 蒲田店」があります。

店内に入ってすぐ右側に食券販売機があります。

今回は「らーめん(もも肉)」(700円)を注文。

少しお安めな値段なところも良いです。

店内は、外観と同様に落ち着いた雰囲気になっています。

この店の周りの中で、ここだけ切り取られたかのような落ち着いた空間になっています。

店内に入ると座る席を店員さんが指示してくれるので、指示された席に座ります。

着席後に食券を店員さんに渡します。

店員さんに渡す時に、ランチタイムなら「サービスライスつけますか?」と聞かれるので、この日はお腹が空いていたので「お願いします。」と注文しました。

卓上調味料は、辛味、ショウガ、ニンニク、コショウ、酢となります。

お好みに合わせてどうぞ。

「らーめん飛粋」のらーめん(もも肉)を喰らい尽くす!!!

注文してから、3分~5分ほどで着丼!!!

ランチタイムはサービスでライスがついてきます。

サービスライスは、小ライスといったところでしょうか。

ラーメン+ライスは炭水化物×2なので食べ過ぎは健康によくないのはわかっているのですが、思わず頼んでしまいました。

そしてらーめん(もも肉)!

美味しそうに見える家系ラーメンです。

もも肉ですがなかなかの大きさです。

このもも肉がとても美味しかったです。

きちんと肉の味がしてアクセントとして良かったです。

最近の人気店は、ラーメンのスープと麺だけではなく、具へのこだわりを感じる店が多いと思います。

もも肉の厚みは2mm~3mmといったところでしょうか。

薄いのですが、もも肉の存在感は抜群でした。

スープは家系ラーメンの王道をいくようなスープでした。

濃厚でトロリとしながら、味がまろやかで美味しかったです。

麺は中太麺で、これもまた家系ラーメンの王道をいく麺だったと思います。

麺もスープに絡んで美味しかったです。

「飛粋」の感想

美味しかったです。

とがった特徴が何かあるかといえば、もも肉の美味しさだと思います。

ただ、食べ終わった後に感じたのは、家系ラーメンとしての王道の美味しさでした。

スープも麺も、どれで丁寧に作られ、文句をつけるような事がない完成度の高い家系ラーメンこそが「らーめん飛粋」の特徴だと思います。

そこにもも肉の美味しさが加わるので、印象的な店として記憶に残りました。

外れが少ないと言われる家系ラーメンですが、やはり美味しい店と美味しくない店はあり、「らーめん飛粋」は美味しい方のラーメン店です。

また、美味しい上に700円とかなりお安く、ランチタイムにはサービスライスもつくのでお腹もいっぱいになります。

現時点(2018年11月)で、蒲田エリアで一番美味しい家系ラーメンは「らーめん飛粋」なのではないかと思います。

「らーめん飛粋」の店舗情報

店名

らーめん飛粋(ひいき)

営業時間

11:00〜16:00

18:00〜22:00

土・祝

11:00〜15:00

定休日

日曜

住所

東京都大田区蒲田5-2-5

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。これからも記事を書き続けるのでよろしくお願い致します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする