池上の「神保町 しょうがらーめん 美空」のしょうがらーめんを喰らい尽くす!!!

シェアする

「神保町 しょうがらーめん 美空」の内観と外観

東急電鉄池上線の改札を出て、道路を渡り線路沿いに3~5分ほど歩くと右側に「神保町 しょうがらーめん 美空」はあります。

池上駅周辺なのに「神保町 しょうがらーめん 美空」なのは、かつて神保町に美空というラーメン屋さんがあり、神保町の店主がラーメン屋をやめるというので、現在の店主が池上に店を開いたという事のようです。

「美空」と書いて「びくう」と読むようです。

店内に入り、すぐ左側に食券販売機があります。

食券販売機の並びですが、一番上の列の醤油味の中から「しょうゆらーめん」(800)という最もオーソドックスなものを選びました。

店内は長細く、カウンター席が中心となっているのですが、給水機は出口のすぐ側にあるので、席に座る時はコップに水を注ぐのを忘れないようにした方が良いかもしれません。

店内は比較的おちついた黒と木の色を中心とした内観になっています。

かなり落ち着いた雰囲気です。

店内に入ると、空いている席に店員さんが案内してくださるので、案内された席に座ります。

食券を出すと、ランチ時は無料で大盛にする事が可能です。

大盛にするとなかなかのボリュームになるのですが、この日はそれほどお腹がすいていなかったので、大盛にはしませんでした。

卓上調味料は、七味・胡椒・酢といったところでしょうか。

お好みに合わせてどうぞ。

「神保町 しょうがらーめん 美空」のしょうがらーめんを喰らい尽くす!!!

注文してから5分ほどで着丼!

着丼とともにショウガの匂いを感じました。

ショウガが好きな人にはたまらない匂いかもしれません。

ショウガがのっかっていますが、最初は通常のラーメンのように食べ、減ってきたらショウガを混ぜて食べるようです。

味の変化を楽しめるのでちょっとお得な気分です。

チャーシューは2種類入っていて、もも肉とばら肉になっています。

どちらも厚さは2mmほどでしょうか。

あぶられたチャーシューは香ばしい匂いと少しカリッとした食感で美味しかったです。

2種類のチャーシューで違った味を楽しめるのは良かったです。

スープですが、醤油ベースの味わいとなっています。

醤油ベースなのですが、かなりショウガの味と匂いがする独特の風味となっています。

慣れてくると癖になる味ですが、初めて食べる時は少し驚く方もいるかもしれません。

麺は少し縮れた麺で、スープとからみあい、美味しかったです。

「神保町 しょうがらーめん 美空」の感想

かなり癖のある味ですが美味しかったです。

初めて食べた時は、こんなショウガの味と匂いが強いなんて!と思いましたが、何度か食べるうちに慣れてきて、癖になってくる味です。

ランチタイムもそうですが、夜も遅くまで(24時まで)やっているので、遅くなってもいつでも食べに行けるラーメン屋さんです。

珍しい味でしたが、美味しくて食べて良かったと思いました。

「神保町 しょうがらーめん 美空」の店舗情報

店名

神保町 しょうがらーめん 美空

営業時間

月~日

11:30~15:00 17:30~翌0:00

定休日

無休

住所

東京都大田区池上6-6-8

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。これからも記事を書き続けるのでよろしくお願い致します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする