「ラーメン 鷹の目 蒲田店」でラーメンを喰らい尽くす!(メニュー・コールも解説)


バナーをポチッと応援していただけると励みになります。
よろしくお願いいたします。m(._.)m


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ ←東京食べ歩きブログランキングへ!

 ←東京食べ歩き人気ブログランキングへ!

 

 

「ラーメン 鷹の目 蒲田店」の外観と内観

 

蒲田駅の西口からJRの路線沿いに進んで、東急の高架を潜り抜け、ユザワヤで右折すると左側に「ラーメン 鷹の目 蒲田店」は見えてきます。

 

最近になって二郎インスパイアの店が出来ました。

 

以前もラーメン店だった場所だったはずです。

 

看板が大きく出ているので見分けやすいと思います。

 

「ラーメン 鷹の目 蒲田店」に行く前に、公式Twitter|ラーメン鷹の目@蒲田店さん (@takanomeKMT) / Twitterで営業時間などを確認してから行くのがオススメです

 

入ってすぐ左側に食券販売機があります。

 

 

この日は初めてということもあり「ラーメン」(800円)を選択。(現在の価格とは異なります。2022年8月現在の最新のメニューと値段は記事の最後にまとめておきました。)

 

麺量は300gでチャーシューが2枚と書いてあり良心的だと感じました。

 

麺量は「ラーメン(小)」で300g、「ラーメン(大)」が400g、「ラーメン(ミニ)」が200gとなっています。

 

二郎・二郎系インスパイアで食べなれている方は麺量が多い「ラーメン(小)」がオススメです。

 

食が細い方や女性の方は「ラーメン(ミニ)」がオススメです。

 

「ラーメン(大)」の麺量は400gあるので、「ラーメン(大)」は「ラーメン(中)」を食べても物足りないという大食漢の方以外にはオススメしません。

 

 

店内は明るく清潔な雰囲気となっています。

 

L字型のカウンターとなっていますが、背後のスペースも十分にあり、混雑していても席まで行くのが簡単なつくりとなっています。

 

店内に入ると、店員さんが空いている席に案内してくれるので案内された席に座ります。

 

 

卓上調味料は、胡椒、一味唐辛子、酢、カエシとなっています。

 

お好みに合わせてどうぞ。

 

「ラーメン 鷹の目 蒲田店」でのコール(解説)

「ラーメン 鷹の目 蒲田店」では、他の多くの二郎系インスパイアの店と同様にトッピングを好みで無料で注文する事が出来ます。

 

注文をしてラーメンが運ばれる少し前に、店員さんが「ニンニク入れますか?」もしくは「ニンニクは?」と質問をしてきます。

 

これは「トッピングはどうなさいますか?」という意味です。

 

質問をされたら店員さんに自分の好みのトッピングを伝えます。

 

この、店員さんからの「ニンニク入れますか?」「ニンニクは?」という質問に対して、自分のトッピングをこたえる事を「コール」と言います。

 

「ラーメン 鷹の目 吉祥寺店」では、ラーメンの場合は、トッピングを無料で「野菜」「ニンニク」「アブラ」「辛揚げ」(辛い揚げ玉)を選べます。

 

それぞれについてトッピングの量を「少な目」<「ちょいマシ」<「マシ」で増やす事が出来ます。

 

「野菜」を多めに、アブラをちょい多めに入れたいなら「野菜マシ・アブラちょいマシ」とコールします。

 

ニンニクをなくしたい場合は「ニンニク無し」とだけコールします。

 

「ラーメン 鷹の目 蒲田店」のラーメンを喰らい尽くす!!!

 

 

注文をして5分ほどで店員さんにコールを聞かれます。

 

今回は素のラーメンを食べたかったので「ニンニク無し」でコール。

 

コールしたらすぐに着丼!!!

 

 

チャーシューはかなり大きめでもやしの下に2枚うまっています。

 

1枚でもかなりの大きさとなっています。

 

実際に見ると、この大きさのチャーシューが2枚入ってるってすごいボリュームだなと感じます。

 

 

太さも極太となっていて2~3cmほどの厚みがあるでしょうか。

 

かなりのボリュームがあるチャーシューとなっています。

 

一口で食べられる大きさではないので、歯で噛み切ろうとすると、なかなか噛み切れないほどです。

 

少しパサついたチャーシューなので、スープの中に漬けておく方が良いかと思います。

 

 

スープは乳化したスープとなっていて、二郎としても少し濃いめの味付けとなっています。

 

行ったのが遅かったせいだと思いますが、少し粉っぽいというかザラついたスープとなっていました。

 

 

麺ですが、かなり縮れが強い麺となっています。

 

縮れが強く、口の中に入れた時に縮れた部分の適度に固い食感が心地よかったです。

 

スープとよく絡み合う麺でした。

 

 

麺が多くスープを吸い込んで伸びないように麺をすくい上げて、モヤシをスープに入れて味をつける「天地返し」をいつものように行いました。

 

「ラーメン 鷹の目 蒲田店」ではデフォルトの「ラーメン」でも麺の量が300gと多く、「天地返し」をした方が最後まで美味しく食べられるのではないかと思います。

 

「ラーメン 鷹の目 蒲田店」の感想

 

蒲田に現れた新たな二郎インスパイアの店です。

 

草加にある「鷹の目」の2店目であり、「千里眼」で修業をされた方との事で、「辛揚げ」などに痕跡を見出す事が出来ます。

 

私は「鷹の目」で食べたことはないのですが、「千里眼」と比較をすると万人向けする二郎インスパイアの「千里眼」と比較すると、かなり尖った味に仕上がってると思います。

 

駒場の「千里眼」のラーメンを喰らい尽くす!!!
「千里眼」の外観と内観!!! 駒場東大前駅から15分ほど歩いたところにある、二郎系インスパイアの「千里眼」はあります。 東京大学の駒場キャンパスから歩いていける距離に出来た二郎系インスパイアの店で、常に腹ペコの東...

 

かなり遅い時間に行ったにも関わらず、私が入店した時はカウンターがほとんど埋まっていて人気があるのがわかりました。

 

人気の二郎インスパイアの店が数多くひしめく激戦区の蒲田に現れた「ラーメン 鷹の目 蒲田店」がどうなっていくか今後が気になるところです。

 

【閉店】「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」の小ラーメンを喰らい尽くす!!!
「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」の内観と外観 蒲田駅の西口から大森駅側の方へ歩いていくとあるのが「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」。 ビルの少し奥まった場所にあるので少しみつけにくいです。 ま...

 

「ラーメン 鷹の目 蒲田店」の近くにある店舗

 

「らーめん蓮」

 

「らーめん蓮」は蒲田で最も美味しい味噌ラーメンを食べられるお店です。

 

個人的にお気に入りのラーメン屋さんです。

 

蒲田で最高レベルに美味しい「らーめん蓮」の味噌らーめんを喰らい尽くす!!!
「らーめん蓮」の内観と外観 蒲田駅を西口側へ降り、環八通りを目指して歩いていくとあるのが「らーめん蓮」です。 店の外観は、いかにもな量産ラーメン店のようで、少しはいるのに気が引けてしまうかもしれません。 ...

 

口コミ

口コミサイト 口コミ件数 評価
google マップ 429 3.8/5
食べログ 156 3.56/5
ラーメンデータベース 197 91.625/100
retty 40
Yahoo!ロコ 82

口コミサイトの部分をクリックすると、リンク先に飛びます。

(口コミは2022年8月19日現在のものです。)

店舗情報(営業時間・定休日・近隣の駐車場など)

店名

ラーメン 鷹の目 蒲田店

営業時間

11:00~15:00
17:00~22:00

定休日

無休

電話番号・連絡先

不明

公式SNS

TwitterInstagram

近隣の駐車場

NAVITIME(クリックすると近隣の駐車場の地図に飛びます。)

住所

東京都大田区西蒲田8-2-1

 

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

メニュー・値段

メインメニュー

メニュー 値段
ラーメン(小) 850円
味玉ラーメン(小) 950円
つけ麺(小) 950円
まぜそば(小) 900円
ラーメン(大) 950円
味玉ラーメン (大) 1050円
つけ麺(大) 1050円
まぜそば(大) 1000円
ラーメン(ミニ) 820円
味玉ラーメン(ミニ) 920円
つけ麺(ミニ) 920円
まぜそば(ミニ) 870円

サイドメニュー

メニュー 値段
ほぐし豚 150円
うずら 100円
しょうが 50円
魚粉 50円
豚玉(豚マシ+味玉) 230円
味玉 100円
紅しょうが 50円
カレー粉 50円
豚マシ 150円
生たまご 50円
たまねぎ 50円
ねぎ 50円
豚ダブル 300円
生たまごW 100円
チーズ 100円

テイクアウト

メニュー 値段
豚1本(700g) 2000円
豚ハーフ(350g) 1300円

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

コメント

  1. […]  「ラーメン 鷹の目 蒲田店」の外観と内観 蒲田駅の西口からJRの路線沿いに進んで、東急の高架を潜り抜け、ユザワヤで右折すると左側に「ラーメン 鷹の目 蒲田店」は見えてきます。 最近になって二郎インスパイアの店が出来ました。 以前もラーメン店だった場所だったはずです。 看板が大きく出ているので見分けやすいと思います。  入ってす…このサイトの記事を見る […]

タイトルとURLをコピーしました