蒲田の人気店「煮干しつけ麺 宮元」のつけ麺を喰らい尽くす!!!

シェアする

「煮干しつけ麺 宮元」の外観と内観

蒲田駅の西口から日本工学院の方へ行き、少しあるいた場所にあるのが蒲田で人気のつけ麺店の「煮干しつけ麺 宮元」です。

この日は、ランチタイムが終わる間際だったせいかすでに並んでいる人がいませんでしたが、普段は行列が出来ています。

行列の出来るほどの人気店の悩みと言えば、どうすれば行列で店の近隣に迷惑をかけないかという事だと思います。

「煮干しつけ麺 宮元」も行列で近隣に迷惑をかけないように、行列の並び方が店外に貼られています。

普段は店の外に店員さんがいて行列を整理しているので、店員さんの指示に従って並ぶと良いのではないかと思います。

店に入ると左側に食券販売機があるので、食券を購入します。

この日は「極上濃厚 煮干しそば」(780円)を購入。

「煮干しつけ麺 宮元」では麺の量を中盛や大盛にして量を増やす場合は、追加料金が必要になるので気を付けてください。

この日は、それほどお腹が減っていなかったので、麺の量は増やしませんでした。

店員さんが空いた席に誘導してくれるので、店員さんの指示に従いましょう。

卓上調味料は、お酢、コショウ、一味唐辛子があるので、お好みでどうぞ。

水はコップで出され、飲み干したら卓上のピッチャーで自分で注ぎます。

カウンターから、調理場にいる店員さんの元気の良い姿が見えます。

店員さんと常連さんとの会話も聞こえてきます。

着丼!!!

食券を店員さんに渡されてからしばらく経つと、「極上濃厚 煮干しそば」が着丼。

おいしそうですね。

つけ麺は中太のオーソドックスな麺です。

上に乗っかっているのは、豚バラ肉と豚肩ロースだと思います。

この豚バラ肉と豚肩ロースは美味しかったです。

豚肩ロースのチャーシューは一枚入ってます。

豚肩ロースの厚みは数ミリといったところでしょうか。

歯ごたえは十分でした。

豚バラ肉のチャーシューは2枚入っていました。

豚バラ肉のチャー種は厚さはそれほどありません。

麺は中太ストレートの麺で、つけ麺のメンとしてはオーソドックスな部類に入ると思います。

スープは濃厚でドロリとした特濃の煮干しスープが出てきます。

この煮干しスープですが、好みが分かれるスープだと個人的には感じました。

かなり個性的なスープで、好きな人は癖になる味かもしれませんが、合わない人には全く合わないスープだと思います。

白いレンゲでスープをすくったところを見ると、写真からもドロリとしたスープの感触が伝わるのではないでしょうか。

麺をスープにつけて食べると、ドロリと濃厚なスープが麺に絡んできます。

スープの味が好きな人にとっては、たまらない美味しさを感じられると思います。

感想

あくまで個人的な感想ですが、あまり好みの味ではありませんでした。

かなり個性的な味なので、好きな人は熱狂的なファンになるような味だとは思いました。

蒲田でも屈指の人気店の「極上濃厚 煮干しそば」はとても個性的な味なので、合うかどうか一度食べてみてください。

個性的な味が自分の舌に合う人にとっては、「煮干しつけ麺 宮元」はかけがえのない店になると思います。

グルメは美味しいので食べ過ぎてしまいますよね。

私も美味しいものはついつい多く食べてしまいます。

食べ過ぎるとどうしても身体が太くなってきてしまいます。

運動をすればやせるのはわかってはいるのですが、1人で運動しようとすると長続きしませんよね。

だから、トレーナーがマンツーマンで指導してくれるジムが良いと私は思います。


そこでオススメなのがトレーナーがマンツーマン指導してくれるライザップ(RIZAP)

店舗情報


店名

煮干しつけ麺 宮元

営業時間

11:00~15:00
18:00〜21:00

定休日

水曜

住所

東京都大田区西蒲田7-8-1

「煮干しつけ麺 宮元」の近くにあるオススメB級グルメ店

「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」

蒲田駅の西口近くにある「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」

営業時間が変更され、平日はランチ営業をしないようなので気を付けてください。

「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」の小ラーメンを喰らい尽くす!!!
蒲田駅西口にある「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」。平日はランチ営業はしなくなっているので注意です。「ラーメン二郎 JR西口蒲田駅店」で食べた「小ラーメン」(730円)について、くわしくお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。