Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

神保町に新たに出来た、絶品ラーメンを出す「神保町 黒須」の煮干蕎麦を喰らい尽くす!!!

シェアする

「神保町 黒須」の内観と外観

神保町の駅から専修大学の方へ向かい、そこから路地裏に入るとあるのが「神保町 黒須」です。

周りはオフィス街で、知らなければ見つからない店ですし、「神保町 黒須」に行くと決めてなければ行かない店だと思います。


しかし、この「神保町 黒須」ではとても美味しい醤油らーめんラーメンを食べられます。

少し見つけにくい場所にあるのですが、店の前に看板が置いてあるので、それを目印に発見できるのではないかと思います。

店に入ると、統一された和風の雰囲気で、落ち着けます。

店に入ってすぐ左側に食券販売機があります。

「醤油蕎麦」(750円)を頼もうと思ったのですが、行くのが遅かったためこの日は売り切れでした。

そこでこの日は「煮干蕎麦」(750円)を食べる事に決めました。

食券を購入すると、店員さんが空いている席に案内してくれるので着席します。

カウンターもシンプルで落ち着いた雰囲気です。

卓上調味料は、コショウのみです。

お好みに合わせてどうぞ。

もう待ちきれねえ!!!

「神保町 黒須」の「煮干蕎麦」を喰らい尽くす!!!

注文してから5分~7分ほどと、少し待たされてから着丼!!!

出てきた瞬間に「これは美味い!!!」と確信を持ちました。

グルメはなんでもそうですが、その中でも醤油ラーメンは特に見た目で美味しい場合、ほとんど外れがないと私は思っています。

丼を横から。

下の方が絞られているので、見た目ほどの量はありません。

チャーシューは2種類あって、おそらく鶏と豚だと思います。


このチャーシューが美味しい!!!

今のラーメンはスープと麺だけではなく、具も美味しくないと「絶品」と言えないと個人的には思っています。

チャーシューは、薄さは2~3mといったところ。

この薄さのおかげで食感が良かったです。

こちらが(おそらく)豚のチャーシューです。

しっかりした味がして美味しかったです。

こちらのチャーシューも薄さは2~3mといったところ。

鶏と同様に、この薄さが食感の良さを出していると思いました。


鶏も豚もチャーシューが美味しく、「もうちょっと食べたい」と思いました。

「もうちょっと食べたい」と思う店は何度も通ってしまうんですよね・。

スープは醤油がベースになり煮干の味がついていました。

煮干しもとても美味しく、あくまで個人の好みだとは思うのですが、「神保町 黒須」では煮干の味がスープの美味しさを邪魔しているのではないかと思いました。

麺は細めのストレート。


この麺がスープと絡んで美味しいです!!!

「神保町 黒須」の感想

「神保町 黒須」は絶品ラーメンを出す店で、神保町でも屈指のラーメン店ではないかと思います。

オススメは「醤油蕎麦」(750円)です。

醤油スープの美味しさは煮干なしの方が引き立つのではないかと思います。

味で言えば、大森の「Homemade Ramen 麦苗」や大井町の「中華そば 大井町 和渦 」と似たラーメンだと思います。

「Homemade Ramen 麦苗」や「中華そば 大井町 和渦 」が好きな人に特にオススメです。

「Homemade Ramen 麦苗」の特製醤油らあめんを喰らい尽くす!!!
大森に突如として出来て、あっという間に行列が出来るラーメン屋となった「Homemade Ramen 麦苗 」。「Homemade Ramen 麦苗 」で特製醤油らあめんを食べてきたので、どのようなラーメンが出てくるのか詳しくお伝えしたいと思います。

絶品ラーメンを出す「中華そば 大井町 和渦 」の特製醤油そばを喰らい尽くす!!!
大井町駅を西側に降りて、しばらく歩いた住宅街の中にある「中華そば 大井町 和渦 」。そこで食べられる絶品の醤油ラーメンは大井町エリアに限らず東京都内でも屈指のラーメン店だと思います。その「中華そば 大井町 和渦 」で「特製醤油そば」を食べてきたので、今回の記事で詳しくお伝えしようと思います。

店舗情報

店名

神保町 黒須

住所

東京都千代田区神田神保町3-1-19

営業時間

月~土
11:00~15:00

定休日

日曜・祝日

「神保町 黒須」の近くにあるオススメB級グルメ店

「たいよう軒」

専修大学の目の前にある中華料理屋さんです。

専修大学の目の前にあり、ボリュームがたっぷりありながら安いので、専修大学の学生を中心に愛されているお店のようです。

近日、記事公開予定

スポンサーリンク

シェアする

フォローする