渋谷の老舗『喜楽』のラーメンを喰らい尽くす!!!

シェアする

スポンサーリンク




『喜楽』の外観と内観

渋谷の道玄坂を登っていったところを横道に入っていくと、ポツンとあるラーメン屋の「喜楽」。

渋谷の老舗のラーメン店で、昼時は並んでいる事もあります。

店内は1階と2階があります。

1階はカウンター席で目の前で元気よく調理している姿が見られます。

混雑している時間帯は2階も解放され、テーブルで落ち着いて食べる事も出来ます。

この日は混雑していたので2階に案内されました。

お水は、セルフサービスになります。

卓上には、胡椒、ラー油、お酢、醤油といったオーソドックスな調味料が置かれています。

お好みでどうぞ。

卓上にメニューが置いてあるので、店員さんに注文します。

この日は、オーソドックスに「ラーメン」(850円)を注文。

喜楽のラーメン、着丼!!!

渋谷の老舗「喜楽」のラーメンが着丼しました。

注文してからしばらくすると着丼。

クラシックな焦がし葱醤油ラーメンです。

チャーシューは、1枚です。

ラーメン屋で食べるオーソドックスなチャーシューがついてきます。

スープは澄んだ醤油スープです。

現代的な複雑で濃厚な味わいのスープではなく、シンプルでストレートなスープです。

シンプルといっても味が薄いとか不味いという事ではなく、きっちり旨みのある王道の醤油スープです。

どこか懐かしさすら覚えるスープで、毎日でも食べられるような味です。

麺は中太ストレートで、モチモチした食感でスープとの相性も抜群です。

感想

渋谷のラーメンと言えば「喜楽」が最初に上がるほどの有名店であり老舗です。

ただ、わざわざ食べにいくラーメンではないと思います。

これはけなして言っているのではありません。

このラーメンは渋谷に住む人や通勤・通学する人が、毎日食べるためにあるラーメンだと思います。

渋谷にいま住んでいる人に寄り添う味であり、渋谷にかつていた人たちが当時を懐かしむためにあるラーメン屋だと思います。

「時代の最先端のラーメンを食べたい」「本当に美味しいラーメンを食べたい」という人にはおすすめしません。

一度食べたら病みつきになるような味ではありません。

一度食べたら他の人に言いふらしたくなるような絶品のラーメンではありません。

でも、毎日でも食べたい味であり、毎日のように食べていた人はきっと思い出と共に味わえるラーメンです。

だからこそ、渋谷に住んでいた人たちや渋谷近辺に通学・通勤していた人たちの心を捉えて離さないラーメン店なのだと思います。

渋谷に住んでいる方や、渋谷近辺に通学・通勤されている方におすすめのラーメン店です。

大井町の老舗ラーメン店である「永楽 そば店」の先代ご主人は、この「喜楽」で修行したと言われているだけあって味はかなり似ています。

ただ、「永楽 そば店」の方がスープの表面が黒くなるほど焦がし葱を入れる事、スープの味が少し濃いところが「喜楽」と違うと思います。

店舗情報

店名

喜楽

住所

東京都渋谷区道玄坂2-17-6

営業時間

月、火、木~日

11:30~20:30

ランチ営業

日曜営業

定休日

水曜

渋谷の老舗「喜楽」と似た味のらーめんを食べられる店


「永楽 そば店」

大井町にある老舗の有名店です。

行列もできるほどの人気店です。

焦がし葱醤油ラーメンは「喜楽」と似た味ですが、少し違いがあり、そして「喜楽」と同じように美味しいです。

渋谷とは立地がかなり違いますが、「喜楽」のラーメンが好きな方は一度訪れるのも良いかもしれません。

『永楽 そば店』を喰らい尽くす!!!
大井町のラーメンの老舗『永楽』。大井町にある老舗にして人気のラーメン店。昭和を感じさせる小道のなかにひっそりとありますが、常に行列ができるほどの人気店です。渋谷の『喜楽』ととても似た味ですが、細かいところはかなり違います。『永楽』について味などについて詳しくレポートしています。

「中華料理 喜楽」

渋谷の「喜楽」とは別の店として、大森にも「中華料理 喜楽」があります。

大森の老舗で立地も良く人気店です。

焦がし葱醤油ラーメンも美味しいのですが、チャーハンも美味しい店です。

地元に密着し、広告などほとんどしないのですが、常に大森の地元民でにぎわっているお店です。

近日、記事公開

「喜楽」の近くにあり、オススメのB級グルメ店

「ムルギー」

「喜楽」のすぐそばにあり、「喜楽」と同様に渋谷の老舗として長年愛され続けているのが「ムルギー」です。

独特の盛り付けがなされたカレーは、さすがと思わされる一品です。

近日、記事公開予定

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。