神保町の「共栄堂」でポークカレーを喰らい尽くす!!!

シェアする

共栄堂の外観と内観

神保町駅から大通りを歩いていき、書泉グランデと道路をはさんで対面側に「共栄堂」はあります。

緑の標識で「共栄堂」と書かれた標識が目印です。

「共栄堂」は地下になるので、標識のすぐ側にある階段を下っていきます。

下っていくと正面に「共栄堂」はあります。

神保町の老舗有名店だけあって、多くの人で賑わっています。

店内は明るくテーブル席が中心となっています。

地下にありますが、昼は光が入ってくるので開放的な雰囲気があります。

店内に入ると空いている席に店員さんが空いている席に案内してくれるので、案内された席に座ります。

卓上にはメニューがあるので、そこから選びます。

今回は最もベーシックなメニューの「ポークカレー」(950円)を選択。

卓上調味料は、福神漬け、ラッキョウ、塩、胡椒だったと思います。

お好みに合わせてどうぞ。

「共栄堂」のポークカレーを喰らい尽くす!!!

店内で席に座ると、すぐにポタージュスープが出されます。

まろやかな味わいで、カレーの辛さを味わった後に飲むとほどよい味になっています。

そしてカレーも注文してすぐに到着!

スープもそうですが、注文してすぐに出てきたので驚きました。

ポークは3~4切れほど入っていました。

角型となっており、かなり塊感があるので、2つでも十分な存在感がありました。

そしてライスですが、かなりの量があります。

これだけ皿にライスをどうどうと盛られると「どうやってルーを注ぐんだ?」と少し迷います。

おっかなびっくりルーを上からかけていきました。

少し食べてからもう一度注ぐという感じで食べましたが、周りを見ると上からドバっと豪快にルーをかける人が多かったです。

次に行くときは上からドバっとルーをかけてみようかと思いました。

ポークはスジもなく口の中に入れると抵抗なく噛めるくらい柔らかくなっていました。

さて、メインのカレーですが、かなり独特の味わいでした。

老舗というので万人受けする味なのかと思っていたので衝撃を受けました。

ルーはとろみはあまりなく、香辛料の効いた味わいとなっていて、今まで味わったことのないカレーの味でした。

「共栄堂」の感想

神保町で言えば「ボンディ」や「ガヴィアル」に代表される欧風カレーは万人受けする味だと私は思っています。

しかし「共栄堂」のカレーは万人受けする味ではなく、尖った味だと思います。

「共栄堂」は老舗の有名店と聞いていたのですが、独特の味わいで驚きました。

「共栄堂」のカレーは熱狂的なファンになるか、興味がわかないかの2つにくっきり分かれるのではないかと思います。

「共栄堂」の込み具合と、食べ終わった人たちの幸せそうな顔を見ると、熱狂的なファンが多いのがわかります。

尖った味なのに多くの人に愛される味となっているのが、長年にわたり「共栄堂」が愛され続けている理由なのだと私は思います。

私も、美味しいと感じました。

「共栄堂」の店舗情報

店名

共栄堂

営業時間

月~土

11:00~20:00(L.O.19:45)

定休日

日曜日

場所

東京都千代田区神田神保町1-6 神保町サンビルディング B1

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。これからも記事を書き続けるのでよろしくお願い致します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. […]  共栄堂の外観と内観 神保町駅から大通りを歩いていき、書泉グランデと道路をはさんで対面側に「共栄堂」はあります。 緑の標識で「共栄堂」と書かれた標識が目印です。   「共栄堂」は地下になるので、標識のすぐ側にある階段を下っていきます。 下っていくと正面に「共栄堂」はあります。 神保町の老舗有名店だけあって、多くの人で賑…このサイトの記事を見る […]