神保町の新たな行列店「神保町やきそば みかさ」の焼きそばを喰らい尽くす!!!

シェアする

「みかさ」の内観と外観

水道橋駅と神保町駅のちょうど中間あたりにあるのが、新たに神保町で行列が出来る店になった「みかさ」です。

東京ではあまり見ない、やきそば専門店という変わったお店ですが、評判の良さから行列が出来ているようです。

入口はこじんまりとしているのですが、ランチなど混んでいる時間帯はサラリーマンや学生が並んでいるので、すぐに「みかさ」がどこにあるかわかります。

行列に並ぼうとすると、目に入ってくるのが店外に置いてあるおしながき。

並盛と大盛が同じ値段という事がかかれていてビックリ。

行列に並んでいると壁には「神保町やきそば みかさ」は「真打 みかさ」と一切関係ないという張り紙がしてありました。

この日は、少し遅い時間にいったためか行列は2人しかいませんでした。

大量に行列が出来る時は、店員さんが整理券を配るようです。

店に入ってすぐ左に自動券売機が置かれているので、食券を購入します。

この日は、お腹が空いていたので「ソース」(800円)を購入し、大盛を注文しようと思いました。

食券を購入したら、店員さんの誘導に従い、空いてる席に着席。

入口は狭いですが、店内は長細くなっていて長いカウンターになっています。

卓上調味料は、一味唐辛子・コショウ・からし・天かす・紅しょうが・辛口ソース・お酢がありました。

調味料はお好みにあわせてどうぞ。

お水はピッチャーで注ぎます。

 「神保町やきそば みかさ」の「ソース」を喰らい尽くす!!!

店員さんに食券を渡して、しばらくすると、ドン!!!と「ソース 大盛」が到着。

到着した瞬間に、ソースの美味しいにおいがただよってきて食欲を刺激します。

ソバは、少しちぢれていて独特の食感です。

ソースがべったりとついているので、ソバ単体ではなく、他のと一緒に食べるのが良いかもしれません。

焼きそばの中に入っている肉は、薄いですが食感・味でともに良いアクセントになっています。

焼きそばの上にのっているのが、目玉焼きとネギです。

目玉焼きのまろやかな味と食感、ネギのシャキッとした味と食感、そしてちぢれたソバとソースの美味しい匂いと食感が一体になって、美味しいです。

ただ、少しソースの味が強いかなというのが個人的な感想です。

左上のコップと比較するとわかりやすいと思うのですが、大盛なだけあって大ボリュームでした。

感想

「神保町やきそば みかさ」は少し前から神保町で行列が出来る店であり、やきそば専門という一風変わった店だったので前から気になっていました。

中に入ると小ぎれいな店で、店員さんも元気のよい店でした。

ただ「ソース」は少しソース味が強くて大盛を食べ終わる時は少し持て余してしまいました。

「神保町やきそば みかさ」は「塩」の方が当たりなのかもしれませんね。

次に行く機会があったら、今度は「塩」を頼んでみたいと思います。

グルメは美味しいので食べ過ぎてしまいますよね。

私も美味しいものはついつい多く食べてしまいます。

食べ過ぎるとどうしても身体が太くなってきてしまいます。

運動をすればやせるのはわかってはいるのですが、1人で運動しようとすると長続きしませんよね。

だから、トレーナーがマンツーマンで指導してくれるジムが良いと私は思います。


そこでオススメなのがトレーナーがマンツーマン指導してくれるライザップ(RIZAP)

店舗情報

店名

みかさ

住所

東京都千代田区神田神保町2-24-3

営業時間

11:00~17:00頃(限定150食)

定休日

日曜日・祝日

「神保町やきそば みかさ」の近くにあるオススメB級グルメ店

「麵屋33」

神保町に出来た、おいしいラーメン店で人気店です。

まろやかな味のつけ麺は絶品です。

神保町の人気店「麵屋33」の鶏エスプレッソ(つけ麺)を喰らい尽くす!!!
B級グルメ激戦区の神保町エリアの中でも屈指の人気店で行列の絶えない「麵屋33」。今回は「麵屋33」で土日月しか出されない「鶏エスプレッソ つけめん」を食べたので、「麵屋33」の「鶏エスプレッソ つけ麺」がどのようなものかを詳しくお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。