Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【新店舗】神保町の有名人気店「ラーメン二郎 神田神保町店」のラーメン(小)を喰らい尽くす!!!

シェアする

「ラーメン二郎 神田神保町店」の外観と内観

2017年12月、神保町エリアでもトップレベルの人気を誇る「ラーメン二郎 神田神保町店」が新店舗へ移転しました。

店主と店員の方は移転前の店舗から変わっていないのでご安心ください。

新店舗は「三省堂書店 神保町本店」の近くになっております。

目の前には「キッチンジロー 南神保町店」があります。

「ラーメン二郎 神田神保町店」と言えば行列ですね。

新店舗に移転して行列の並び方が以前と少し変わりました。

まず店舗の前に5人ほど並び、それより多くなったら道路の向かい側に並びます。

写真の奥側に見える赤いパイロンが先頭で、手前側が行列の後ろとなっています。

店員さんも、「少しわかりにくいけどどうしようかな」とボヤいていたので、これからルール変更があるかもしれません。

基本的なシステムは以前と同じです。

行列に並んでいる時に、店員さんが「小」か「大」かのサイズを聞かれます。

この時にラーメンの量を「小」か「大」かも選べますし、「小」でも食べきれない方は「少な目」も注文出来ます。

また、今回は聞かれなかったのですが、以前と同じであれば麺の固さで「固め」が良い場合も、行列に並んでいる時の店員さんにいう事になります。

「ラーメン二郎 神田神保町店」は量がハンパないので、一般人の方は「小」で十分だと思います。

イメージ的には「小」で普通の店の大盛2杯分です。

「大」は普通の人間が食べられる量ではないので、大食い選手権に出場した方とかでない限りはオススメしません。

店内に入ってすぐ左側に食券販売機があります。

店内に入ったら、まず食券販売機で食券を購入しましょう。

今回は「ラーメン」(700円)を「小」で注文。

お腹は減っているのですが、食べきれるかどうか緊張します。

お水はセルフサービスになっています。

食券販売機の横に給水機とコップがあるので、コップについで席にもっていきましょう。

食券を購入して水を入れてから席に座る方が多いです。

ただ、席に座ってから水を取りにいくのも、もちろんOK。

食券を購入したら、店員さんの誘導に従ってカウンターの席に座ります。

新店舗なだけあって、店舗内に入るとキレイな白い壁に赤いカウンターになっています。

旧店舗の「いかにもラーメン屋」という雰囲気も好きですが、新店舗のキレイさはすごく良かったです。

卓上調味料は、七味(?)とコショウになっています。

お好みでどうぞ。

席について、しばらく経つと店主から「にんにく入れますか?」と聞かれるので、聞かれたらトッピングをオーダーします。

ニンニクあり→にんにくを入れる

カラメ→野菜の上にタレをかけて醤油味を濃くする

ヤサイ→上にのっける野菜の量を増やす

アブラ→ラーメンの上に脂を乗せる

トッピングに関しては細かいルールはなく、伝えれば店主が意味をくみとってトッピングをしてくれます。

個人的に好きなトッピングは「野菜・カラメ・ニンニクあり」です。

この日は新店舗の味がどのようなものか気になったので、「ニンニクあり」のみでトッピングしました。

もう待ちきれねえ!!!

着丼!!!

トッピングをオーダーして数分経ち、着丼!!!

写真だと大きさが伝わりにくいかもしれませんが、奥にあるコップと比較すると「ラーメン二郎 神田神保町店」の「小」の大きさが理解していただけるのではないかと思います。

出された方がビビるほどのでかさと重さ!!!

チャーシューは以前にくらべると、少し脂がすくなくパサついていると感じました。

しかしでかさは変わらず。

これくらいのチャーシューなら、スープに漬けこめばちょうどよくなります。

チャーシューの太さも5mほどでしょうか。

食べごたえのあるチャーシューになっています。

スープは脂が少し多め、醤油の味が控えめで出汁とちょうどよい味の配分になっていました。

乳化はあまりしてませんが、とにかく美味いです。

「ラーメン二郎 神田神保町店」のスープは醤油の味がかなり濃い事もありますが、濃い場合は、「生卵」(50円)を購入するのをオススメします。

濃いめの味のスープがついた麺を、かきまぜた生卵のなかに入れ、すきやきのように食べると、スープの塩辛さと卵の甘さがからみあい、絶品の味わいになります。

興味のある方は、移転前の旧店舗で「生卵」を注文した記事があるので、そちらを読んでいただけるとうれしいです。

https://japan-b-grade-gourmet.com/category/jinbocho/

麺がスープの脂を吸い込み過ぎないように、麺を下からすくいあげて野菜をスープに漬ける「天地返し」。

「ラーメン二郎 神田神保町店」の「小」はボリュームがハンパないので、食べているうちに麺がスープと脂を吸い込んで、全部食べる事が出来なくなってしまうので「天地返し」は必須だと思います。

この日は、麺の茹で具合もちょうどよく美味しかったです。

行列に並んでいる時に「固め」を注文すれば良かったかなあと思っていたのですが、杞憂でした。

「ラーメン二郎 神田神保町店」の感想

とにかく、うめえ!!!

こんなうまいものを腹がはちきれるまで食べれるなんて、どういう事だよ!!!

もうそれしかありません。

新店舗になって、むしろ味が美味しくなったと思います。

実は移転前の「ラーメン二郎 神田神保町店」は、ピンとこない時期があり、今回はそれほど期待はしていませんでした。

しかし、そんな不安を完全にかき消してくれたのが新店舗の「ラーメン二郎 神田神保町店」のラーメン(小)でした。


一番おいしかった時期と同じか、それ以上のおいしさの極上の「ラーメン二郎 神田神保町店」が食べられてうれしかったです。

店舗情報

店名

ラーメン二郎 神田神保町店

住所

東京都千代田区神田神保町1丁目21−1

営業時間

月~土
11:00~17:00


定休日

日曜・祝日・不定休

「ラーメン二郎 神田神保町店」の近くにあるオススメB級グルメ店

共栄堂

カレー激戦区と言われる神保町エリアでもボンディ、ガヴィアル、エチオピアと共にトップレベルの美味しさを誇る老舗の有名店です。

近日、記事公開予定

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。これからも記事を書き続けるのでよろしくお願い致します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする