Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「とんかつ 和幸 アトレ大森店 」のロースかつ御飯を喰らい尽くす!!!

シェアする

「とんかつ 和幸 アトレ大森店 」の内観と外観

大森駅の駅ビルのアトレ5階のレストランフロアにあるのが「とんかつ 和幸 アトレ大森店 」

立地が良いのもありランチタイムなどは行列ができます。


中に入ると、和風の装いで小ぎれいな店舗となっています。

店員さんに席に案内され、席につくと卓上調味料として、ソース、醤油、からし、柚子ドレッシングが置いてあります。

私は使いませんでしたが、柚子ドレッシングはキャベツにかけたりすると美味しいとの情報が。

卓上にメニューが置いてあり、さまざまなメニューがあります。

最もオーソドックスなのが「ロースかつご飯」(1188円)です。

この日は、オーソドックスな「ロースかつご飯」(1188円)を注文する事に決定。

和幸では、店員さんを呼ぶときは卓上のボタンを押せば来てくれます。

卓上のボタンを押して店員さんを呼んで「ロースかつご飯」(1188円)を注文。

ロースかつ御飯、到着!!!

1188円もするだけあって、ロースかつ御飯はなかなかボリュームあります。

味噌汁の蓋をあけると、おいしい匂いが。

この和幸の何が素晴らしいかと言えば、ご飯とお味噌汁とキャベツがお代わり自由な事です。

御飯を一食抜いてしまった時とか、和幸に行くと御飯と味噌汁とキャベツを好きなだけ食べられるので腹ペコな人におすすめです。

御飯もお代わり自由です。

お代わりを頼むときは卓上のボタンをおして店員さんを呼んで注文します。

御飯は量があまりないので、通常で2杯、お腹が減った時は3杯食べます。

この日はお腹が減っていなかったので2杯でした。

とんかつ本体です。

とんかつの下に金網があるので、キャベツにソースをかけたりしても、とんかつはサクサクのままです。

素晴らしいと思うので他の店もやるといいのになと思うのですが、特許でもとっているのでしょうか…

とんかつは適度な大きさと焼け具合。

とてつもない美味しさはないかもしれませんが、いつ行っても高いクオリティで同じ味のとんかつが出てくるあたり、さすがだと感じます。

とんかつをペロリ。

ソースで食べると美味しいです。

感想


食事を一度抜いてしまった場合など、私は和幸に行きたくなります。

御飯、味噌汁、キャベツがお代わり自由。

おかずのとんかつも適度な美味しさ。

これで1188円です。

2食分と考えると1食594円です!

1食594円でとんかつ食べると考えると安くありませんか!?

なので、腹ペコの時は和幸に行くのは個人的なオススメです。

大森駅周辺で腹ペコの時は、迷わず「とんかつ 和幸 アトレ大森店 」だと決めています。

店舗情報

店名

とんかつ 和幸 アトレ大森店

住所

東京都大田区大森北1-6-16 アトレ大森 1 5F

営業時間

11:00~23:00

ランチ営業

定休日

不定休(atreに準じる)

「とんかつ 和幸 アトレ大森店 」の近くにあるオススメB級グルメ店

「百菜百味 大森店」

「とんかつ 和幸 アトレ大森店 」と同じ大森駅アトレ5Fのレストランフロアにある、美味しい中華料理屋です。

1000円前後の値段でセットメニューが頼めます。

家庭料理とは一線を画した華やかな味の中華料理が出てきます。

大森駅アトレ5階の「百菜百味 大森店」の酢豚を喰らい尽くす!!!
大森駅アトレ5階の「百菜百味 大森店」の酢豚を喰らい尽くす!!!
大森駅の駅ビルアトレ5階という最高の立地にあり、大森駅周辺でも屈指のコスパを誇る中華料理店の「百菜百味 大森店」についてくわしく述べていこうと思います。華やかな味なのに値段が抑えめのおススメの店です。

「家族亭 大森店」

「とんかつ 和幸 アトレ大森店 」大森駅アトレ5Fのレストランフロアにある、そば・うどんを食べられる店です。

チェーン店らしく、お値段に見合ったクオリティの料理が出てきます。

味は安定しているので、ちょっとそばが食べたいなという時にお勧めです。

「家族亭 大森店」でかつ丼セットを喰らい尽くす!!!
「家族亭 大森店」でかつ丼セットを喰らい尽くす!!!
粒ぞろいの店が並ぶ大森アトレ5階のレストランフロアにある「家族亭 大森店」。いつも人が多く入っている活気のある店です。この日は、空腹だったのでかつ丼セットを食べてみました。「誰もが食べられる」というチェーン店の底力をみた気がします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。これからも記事を書き続けるのでよろしくお願い致します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする