大森に出来た新たな名店「麵屋わか」のラーメンを喰らい尽くす!!!

シェアする

スポンサーリンク




「麵屋わか」の内観と外観


大森駅のアトレを海側(東側)に出たすぐのところにあるのが「麺屋わか」。

夜は「串焼き わか」でラーメンが食べられるのは昼間だけ。

アトレの階段を下りていくと、「麵屋わか」の前に立て看板が立てられています。

実際に出てくるラーメンと少し違うのはご愛嬌。

立て看板が見えたら、そこから階段を下っていくと地下1階に「麵屋わか」はあります。

中に入ると、小さいながらも、きちんと整った空間になります。

この日は、入る時間帯が遅かったのもあり空いていたのでカウンターに案内されました。

卓上に調味料が置いてあるのですが、あまり使う事はないと思います。

醤油、七味に、コショウだったと思います。

(コショウは違うかもしれません)

カウンターに座った後に、店員さんに「濃厚鶏白湯ラーメン こってり醤油」(780円)を大盛(+100円)を注文。

着丼!!!

しばらく待っていると、着丼!!!

着丼して「アレ?」と思いました。

メニューの写真とだいぶ違うラーメンが出てきたからです。

メニューではもっと醤油ラーメンぽかったような・・・



中に入っている鶏チャーシュー


これが美味しいです。

よくある形成肉のチャーシューとは違うのは、さすが夜は串焼きやだからでしょう。

フワッとした食感で、確かな肉のうまみが感じられる鳥肉です。

チャーシューの厚みは数ミリです。

もう待ちきれねえ!!!

また、つくねも入っています。

メニューの写真に比べると小さいですが、これも串焼き屋らしい、おいしい鳥のつくねです。



メンマも下処理がきちんとされ、しっかりした美味しい味がします。

「麵屋わか」のラーメンは、このスープが絶品です。

とろりとした食感に、複雑に味がからみあっていて、イヤみが全くなく旨みが凝縮されたスープです。

このスープの味わいは絶品ですし、「麵屋わか」でしか味わえないと思います。

麺は細いストレート麺。

これがスープとの相性が抜群です。

ただ、この麺はスープをかなり吸い込みます。

着丼したら、早く食べた方が良いのと、大盛にしない方が良いと思います。

次に行く時は、大盛はやめようと思います。

感想

うまい!!!

それだけで十分なのですが、なかなか伝わらないと思うので補足します。

個人的に、いま大森近辺でもっとも美味しいラーメン屋は「Homemade Ramen 麦苗」だと思っています。

「麵屋わか」は「Homemade Ramen 麦苗」に匹敵する美味しいラーメン屋だと思います。

大森という地域の中で美味しいという条件付きの美味しさではなく、全国区の中で「美味しい」と言えるラーメン屋だと思います。

大森に寄った際は、「麵屋わか」にぜひ一度訪れる事をオススメします。

今は行列が出来ていませんが、しばらくすると行列が出来るラーメン屋になるはずです。

店舗情報

店名

麵屋わか(めんやわか)

住所

東京都大田区大森北1-4-8 森央ビル B1F

営業時間

11:30~14:00

ランチ営業

定休日

日曜・祝日

「麵屋わか」の近くにある、オススメのB級グルメ店

大森の「丸一」

大森のとんかつの老舗の名店。

大森に来たら一度は味わいたい、プリッとした食感の絶品のとんかつが食べられます。

大森の「丸一」でとんかつ定食(ロース)を喰らい尽くす!!!
大森でも屈指の有名店の「丸一」。短い営業時間にも関わらず、常に行列が出来る大森の名物店でもあります。その大森の「丸一」で食べた「とんかつ定食(ロース)」について詳しくお伝えしていこうと思います。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。