「ラーメン大 蒲田店」を喰らい尽くす!!!

シェアする

スポンサーリンク




ラーメン大 蒲田店の外観と内観

蒲田駅の東口を降りて、線路を大森駅側に歩いていくと5分ほどで、二郎系インスパイアの「ラーメン大 蒲田店」はあります。

古くからある蒲田の猥雑さを、いまだに色濃く残す道を通るので、女性の方が一人で行くのは少しためらわれるかもしれません。

一方で深夜まで営業しているので、サラリーマンや学生にとっては心強い店だと思います。

また蒲田駅側から行くと、少し見えにくい位置にあるので、初めて行く人は注意した方が良いかもしれません。

↓ 蒲田駅側から向かった場合、この写真のように見えるので見えにくいです。

中に入ると、黒を基調としたカラーで整えられ、黒が目立つ内観になっています。

入ってしばらくして左側に食券購入機があります。

この日は、「ラーメン」(680円)に「チャーシュー」(160円)をつけました。

お水はセルフサービスになります。

入ってまっすぐ行き、右側に食券購入機があり、右側に給水機があります。

席によっては、お水をとりにいくのが遠い席もあるので、食券を購入したら、セルフサービスの給水も忘れないようにした方が良いと思います。

着席すると卓上には、調味料として黒こしょう・白こしょう・らーめんタレ、唐辛子があり、割りばしと爪楊枝も置いてあります。

着席すると目の前に、トッピングについて解説してある紙が貼ってあります。

無料トッピングは調理中に順番が来たら、店員が聞くのでその時にいいますが、脂少な目の場合は着席した時に店員に言いましょう。

野菜→具のもやしの量が増える

にんにく→通常入ってませんが、入れる事が出来ます

脂多め→脂をのっけてくれます

味濃いめ→調理後、もやしの上からタレをかけます

トッピングの野菜が、どれくらいの量かわかるようにカウンター前に写真がついています。

この日は、野菜を食べたかったので「野菜多め」で頼みました。

カウンターの上に食券を置いて、トッピングは「野菜多め にんにくあり」で注文しました。

着丼

注文してから少ししてから着丼!!!

トッピングは「野菜まし」でしたが、すごい事に!!!



チャーシューは、少し固めでバサバサした食感になります。

そこで、一度スープの中に入れて放置しておいて中盤あたりに食べると、なぜかトロトロに柔らかくなって美味しくなりますよ。

チャーシューは、厚みは数ミリといったところ。

チャーシューのオーダーはなくてもよかったかな。

スープは乳化はほとんどせず、二郎系の中ではしょっぱさが強いスープの味になります。

この味だと「生卵」を注文して、すき焼き風に食べた方が良かったかも。

天地返し!!

二郎系の中では、麺は少な目だと思いますが、十分なボリュームがあります。

麺は、中太ちじれ麺といったところでしょうか。

麺は固めで出てくるので、「固め」が好きな人は合うと思います。

感想

個人の好みもあると思うのですが、蒲田で最もおいしい二郎系ラーメンは、この「ラーメン大 蒲田店」だと思います。

チャーシューをスープにしばらく浸してから食べた方が良かったり、しょっぱさが強いので、カウンターで現金で頼める「生卵」(50円)が合う味です。

オーソドックスな二郎とは少しだけ違いますが、食べ方のコツをつかむと個性的な味を楽しめるのではないかなと思います。

蒲田でも根強い人気を誇る理由は、その個性的な味にあるのかもしれませんね。

店舗情報

店名

ラーメン 大 蒲田店

住所

東京都大田区蒲田5-1-5

営業時間

11:30~16:15
17:00~25:00

ランチ営業

定休日

無休

「ラーメン大 蒲田店」の近くにあるB級グルメ店

「ラーメン大 蒲田店」のすぐちかくに「まるやま食堂」があります。

「檍(あおき)」や「丸一」で使われている「林SPF」豚で作られたとんかつが900円で食べられるお得なお店です。

「まるやま食堂」で林SPFのとんかつを喰らい尽くす!!!
とんかつ激戦区の蒲田のとんかつの名店「檍(あおき)」「丸一」で使われている「林SPF」豚肉を使っているのが「まるやま食堂」です。独特のゆるい雰囲気の流れる店で「とんかつ定食を食べてきたので、くわしく述べていこうと思います。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする